おしゃれよりも「清潔感」を意識!

清潔なアイテムを、正しいサイズで、ルールに沿って着こなそう!

01

ビジネススーツの基本ルール

スーツはサイズ感が命。お気に入りのスーツも、サイズが合っていないと冴えない印象に。
基本ルールに沿った着こなしを意識して、正しいサイズで着ることを心がけよう。

  • 肩幅に合わせる

    「スーツは肩で着る」と言われるほど大切な肩幅。前ボタンを閉じた状態で、ひとつまみできるサイズ感を。

  • しわが寄らない

    ボタンを閉じた際に横シワができるのは、サイズが合っていない証拠。また、一番下のボタンは閉じないのがルール。

  • こぶし1つ分の余裕

    前ボタンを閉じて、胸にこぶし1つが入る余裕を持たせ、適度なゆとりを。

  • 総丈の半分

    上の通り、総丈の半分ほどの着丈がスタンダード。

  • ヒップが隠れる丈

    着丈が総丈の半分と同様に、後ろからみたとき、ヒップがぎりぎり隠れる着丈がスタンダード。

  • シャツが1.5cm見える袖

    腕を下した状態で、シャツが袖から1.5cmほど見える、手首のくるぶしより少し短い丈がベスト。

  • ウエストにしわを作らない

    ベルトをまいたとき、しわが寄るのは大きい証拠。ベルトが無くても落ちないサイズが◎

  • 裾はハーフ~ワンクッション

    裾は長くても短くても×。足の甲に当たって少したるむハーフクッション、またはもう少し余裕を持たせたワンクッションで調節。

  • シングル仕上げが無難

    結婚式などフォーマルシーンでも使用できるシングル仕上げがおすすめ。

02

スーツは何着必要?

1週間着ることを考えて、3着用意すると安心。「1日着たら2日休ませる」ことで長く着られる。
皮脂やほこりが堆積するので、ブラッシングの後、ハンガーに吊るして2日ほど休ませるのがベター。

ビジネススーツ一覧

03

どんなカラーが良い?

就活のブラックスーツはNG。本来ブラックは冠婚葬祭用で、ビジネスには向かない。
清潔感のあるネイビーや、落ち着いたグレーを揃えれば問題ない。

NAVY

#1 ネイビー 「清潔感」のある着こなしを実現するならネイビーのスーツはマスト。スタンダードな色で、肌なじみも良く、着回し力も抜群。 深い色味から青に近い色味まで、多くの色味が展開されているので、いろいろなコーディネートも楽しめる。

ネイビースーツ一覧

GLAY

#2 グレー チャコールグレーやライトグレーなど、濃淡にかかわらず落ち着いた印象を与えるグレー。 「老けて見える」という意見もあるが、逆を返せば「大人っぽく見える」ということ。 子どもっぽくみられがちな方には特におすすめ。

グレースーツ一覧

BLACK

#3 ブラック 日本のビジネスシーンでは着られることの多いブラックスーツ。 冠婚葬祭のイメージもあるので、明るい色味や織柄の入ったものを選ぶとgood。 ただし、欧米ではビジネスで着るカラーではないため、海外で働くシーンがある場合は避けた方がベター。

ブラックスーツ一覧

04

どんな柄が良い?

無地や無地に近い組織柄、細いストライプやシャドーストライプなどがベター。
無地に近い柄だとコーディネートが簡単になるので、手持ちの少ない新社会人にはぴったり。
太いストライプや大きなチェックは派手な印象を与えるので、職場に慣れてきたら考えよう。

新社会人におすすめの柄

慣れてきたらトライしたい柄

ビジネススーツ一覧

05

機能性スーツにも注目

自宅で洗濯できる「ウォッシャブルスーツ」や、ストレッチ素材使用の「ストレッチスーツ」もおすすめ。
忙しい毎日を考えて、手入れの手間や着心地にもこだわりたい。

ウォッシャブルスーツ一覧 ストレッチスーツ一覧

01

ドレスシャツの基本ルール

ドレスシャツもスーツ同様、サイズ感が命
もともと下着をルーツとしているので、余裕を持たせず、ジャストサイズを心がけよう。

「ジャストサイズ」のシャツを選ぶには? TAKA-Q ドレスシャツの特徴

02

シャツは何着必要?

1回着たら洗濯が必要なシャツ。洗濯できない日を考えて5日分用意しておけば安心
クールビズの季節には、洗い替え用に数枚を増やしたい。

5枚セットシャツ一覧

03

どんなカラー・柄が良い?

定番の白や清涼感のある薄いブルーがおすすめ。
色や柄、衿型によっては派手な印象になるので、職場にあわせて今後考えよう。

WHITE

#1 ホワイト スタンダードな白はどんなスーツ・ネクタイにも合わせられる。忙しい朝にもパッとコーディネートが組めるので重宝するが、汚れが目立ちやすいので、食事の際などには注意が必要。

ホワイトシャツ一覧

BLUE

#2 ブルー 爽やかな印象を与えるブルーは、ホワイトに続き持っていたいカラー。濃い色味は汗染みが目立つので、夏は避けても良い。

ブルーシャツ一覧

PINK

#3 ピンク 明るく、柔らかな印象になるピンク。かなり印象を左右するので、職場に慣れてきてから挑戦するのがおすすめ。

ピンクシャツ一覧

PURPLE

#4 パープル 大人っぽさが魅力のパープルも、かなり印象を左右するカラーのひとつ。こちらも、職場に慣れてきてから挑戦するのがおすすめ。

パープルシャツ一覧

STRIPE

#5 ストライプ 線の太さで印象が全く異なるストライプ柄。新社会人の間は細いストライプが無難なチョイス。

ストライプシャツ一覧

CHECK

#6 チェック カジュアルな印象になりやすいチェック柄。こちらも取り入れるなら、細い線の細かなチェックがおすすめ。

チェックシャツ一覧

04

どんな衿が良い?

新社会人らしいスタンダードなデザインをチョイスすれば間違いない。
ボタンダウンカラーはスポーティーだが、日本ではビジネス用に広く着用されている。
衿の色が違うクレリックや、マイター、パイピングなどの装飾は、新社会人の間は避けたい。

新社会人におすすめの衿

  • レギュラー

  • セミワイド

  • ワイド

  • ボタンダウン

慣れてきたらトライしたい衿

  • カッタウェイ

  • クレリック

  • マイター

  • パイピング

衿の高さ、大きさに注意!

多数あるドレスシャツには、衿が高く(1) 長い(2) アイテムも存在する。
おしゃれなアイテムではあるが、新社会人の間は避けた方がベター。
シャツの衿の長さと、ジャケットの衿の幅を合わせる(3)と調和が取れるので、一つの目安にすると◎

ビジネスシャツ一覧

05

機能性シャツにも注目

自宅で洗濯でき、しわになりづらい「ノンアイロン」や「形態安定」シャツは外せないアイテム。
着心地の良いストレッチシャツにも注目。

形態安定シャツ一覧 ストレッチシャツ一覧

01

ネクタイの基本ルール

結び方は、もっともシンプルなプレーン・ノットがおすすめ。
ノット(結び目)が小さくまとまるので、シャープな印象を与えてくれる。
結び方は下記の手順。最初は難しいけれど、がんばって慣れよう。

最後に、ディンプルと長さのチェック

ディンプルとはネクタイを結んだときにできるくぼみのこと。
ネクタイを織り込むようにくぼみをつくることで、見栄えが変わる。
長さは大剣(太い方の端)が、ベルトにかかるくらいに調節しよう。
首が細いと大剣が短くなる場合があるが、その際は小剣をパンツインしてOK。

  • ディンプル無

  • ディンプル有

  • 適切な長さ

02

ネクタイは何本必要?

平日5日間「1日着けたら2日休ませる」ことを考え、3本あれば安心
ネクタイは、個性を演出できる重要なアイテム。
スーツが同じでも、ネクタイを変えれば印象はかなり変わる。

ネクタイ一覧

03

どんなカラーが良い?

原色に近い色味は派手な印象になりやすいので、避けた方がベター。
色のイメージを参考に、TPOに合わせたアイテムを選ぼう。

RED

#1 赤系 ワイン、エンジなど深みのある色も多い、定番カラー。
【情熱的・積極的・パワフル】といった印象を与える。

赤系ネクタイ一覧

ORANGE

#2 オレンジ系 明るいオレンジは春に、濃いオレンジは秋に選ばれやすい。
【親しみやすい・明るい・元気】といった印象を与える。

オレンジ系ネクタイ一覧

YELOW

#3 黄系 明るい色味は春におすすめ。ゴールドに近い色味は通年着用できる。
【明るい・社交的・面白い】

黄系ネクタイ一覧

GREEN

#4 緑系 カーキに近い色味はおしゃれな雰囲気。明るいグリーンは新緑を思わせるので春におすすめ。
【安心・穏やか・落ち着き】といった印象を与える。

緑系ネクタイ一覧

PURPLE

#5 紫系 明るい紫はピンクに近い印象を、濃い紫は大人っぽい印象を与えやすい。
【高貴・優雅・神秘的】といった印象を与える。

紫系ネクタイ一覧

PINK

#6 ピンク系 明るいピンクはやはり春に人気。女性人気も高い。
【優しい・柔らかい・かわいらしい】といった印象を与える。

ピンク系ネクタイ一覧

BLUE

#7 青系 一番人気の定番カラー。空色からネイビーまで幅広いアイテムが揃う。
【誠実・まじめ・爽やか】といった印象を与える。

青系ネクタイ一覧

BROWN

#8 茶系 ベージュは近年流行中。おしゃれに着用したいカラーでもある。
【堅実・余裕・落ち着き】といった印象を与える。

茶系ネクタイ一覧

GLAY

#9 グレー系 明るい色味はシルバーに近く、結婚式などお祝いの場にもおすすめ。
【知的・安定・上品】といった印象を与える。

グレー系ネクタイ一覧

BLACK

#10 黒系 真っ黒ではなく、柄や素材で違いをつけるとおしゃれな着こなしができる。
【男性的・威厳・自信】といった印象を与える。

黒系ネクタイ一覧

04

どんな柄が良い?

大きな柄は、派手な印象になりやすい。
新社会人らしい清潔感を意識して、個性を演出しすぎないように注意。
職場の雰囲気を考え、徐々にいろいろなネクタイにトライしよう。

新社会人におすすめの柄

  • #1 無地 最もコーディネートが簡単。冠婚葬祭にも用いられる。
    【知的・堅実】といった印象を与える。

    無地ネクタイ一覧
  • #2 ドット 小さいほどフォーマルに、大きくなるほどカジュアルな印象になる。
    【上品・知的】といった印象を与える。

    ドット柄ネクタイ一覧
  • #3 小紋 花柄や幾何学柄などのモチーフ柄。小さいほどクラシカルな印象になる。
    【知的・堅実】といった印象を与える。

    小紋柄ネクタイ一覧
  • #4 ストライプ 斜めストライプをレジメンタルストライプと呼ぶ。日本では右肩上がりとかけて縁起が良い。
    【誠実・勤勉】といった印象を与える。

    ストライプ柄ネクタイ一覧
  • #5 チェック 細かなチェックほどクラシカルな印象。線が多い方がカジュアルな印象になりやすい。
    【知的・堅実】といった印象を与える。

    チェック柄ネクタイ一覧

05

機能性ネクタイやタイバーセットにも注目

汚れがつきにくい撥水加工ネクタイや、タイバーやポケットチーフとセットになってコーディネートが簡単なアイテムも。

撥水加工ネクタイ一覧 ネクタイセット一覧

01

その他アイテムの基本ルール

シューズ、バッグ、ベルト、ソックス等のアイテムは、黒または茶でを統一するのが基本。
新社会人のうちは、安心感のある黒で統一したほうが無難。

02

ドレスシューズの選び方

ストレートチップまたはプレーントゥのシンプルなデザインを選ぼう。
色ムラがはっきり出ていたり装飾のついたシューズは、職場の雰囲気に合わせて今後トライするのがおすすめ。
交互に履くと痛みずらくなるので2足用意しておくと安心。就活用のものをそのまま使ってもよい。

ドレスシューズ一覧

03

ビジネスバッグの選び方

A4サイズの資料が入り、鋲のついた自立できるブリーフバッグがおすすめ。
就活で使用したバッグが上記のものでも、内容量が少ない場合は注意。
資料やPC、飲み物や傘など意外に持ち物が増えるので、幅があり、ポケットの多いものを選ぼう。

ビジネスバッグ一覧

04

ソックスの選び方

着席したとき、すねが見えないように長いソックスを選ぼう。
スニーカー等に合わせるカジュアルなものや、くるぶしの見えるものは、ビジネスでは絶対にNG。
天気が悪い日等、洗濯できない日を考慮して平日5日分用意しておけば安心。

ソックス一覧
トップに戻る