2019春のメンズコーデ

コーデ1

見た目にも軽やかなブルーとベージュの組み合わせは春のカジュアル鉄板配色。
ギンガムチェックのシャツと、同系色のアウターの鹿の子素材で、統一感を残しつつ素材感のメリハリをプラス。 アウターは裏地は柔らかな風合いのワッフル素材で、なめらかな着心地。この季節の気温変化にも対応できます。

使用アイテム

コーデ2

きれいめな印象のセンタープレスパンツに、活動的な印象を与える赤のアウターを組み合わせカジュアルダウン。
ボトムとアウターそれぞれの色をリンクさせたインナーを取り入れ、インパクトがありながらも品よくまとまりのあるスタイルに。勿論、全アイテム動きやすさを兼ねそろえています。

使用アイテム

コーデ3

重たくなりがちなモノトーンコーデは、明るい色のアイテムの面積を冬よりも多めに取り入れるのがポイント。
また、素材感も大切に。通気性が良く清涼感ある風合いのパナマ生地のシャツはインナーにもアウターにも使え、これからの季節大活躍間違いなし。

使用アイテム

コーデ4

大人の男はリラックススタイルでも品良く。
肌ざわりが心地よいアウターは、首回りがあたたかいだけでなく、リブ部分のアクセントのでフェイスラインをスッキリ見せる効果も。程よいタイト感のあるシルエットで、気兼ねのないおしゃれを楽しんで。

使用アイテム

トップに戻る