モテるオヤジ講座 vol.1

モテるオヤジ講座

01

2021.07.31

恋愛&婚活の専門家トイアンナが指導!【オフィス編】「清潔感」「サイズ感」「シンプルな服装」さえマスターできたらモテ始めます。

「モテるオヤジ講座」は、女性目線でおしゃれのポイントを提案していただく連載です。
最初の短期集中特集にご登場いただくのは、Twitterなどで人気のトイアンナさん。恋愛や婚活、就活といった分野のライターとして活躍する傍ら、編集プロダクションや短期型ビジネススクールも運営しています。外資系企業でマーケティングも担当していた才女からのアドバイスはかなり的確。実践すれば、確実に “モテるオヤジ” に近づきます!

監修&コメント:トイアンナ(恋愛/婚活/就活ライター)、構成&執筆:平 格彦
  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • B!

清潔ではなく「清潔感」が重要。インナーは頻繁に買い換えましょう!

婚活のアドバイスも数多く行ってきたトイアンナさん。相談者の男性はたいてい “清潔” と “清潔感” を勘違いしているそうです。

トイアンナ 「“清潔感” が重要と聞くと、“清潔にすればいいんですよね” って思う人があまりにも多いんです。でも、“清潔” と “清潔感” はぜんぜん違いますよ」

「洗ったばかりの清潔なTシャツでも、色が褪せていたり襟がダルダルに伸びていたりすれば清潔感はありません。実際に不潔かどうかよりも、クリーンな印象を与えることがポイントということ。オフィスではとくに清潔感が求められる傾向にあります」

「下着や靴下は見えないから穴が空いてても清潔感を損なうことはない…なんて思うかも知れませんが、穴が空いている下着を穿いていたためにデートで次のステップに進めないというのはよく聞く話です。モテるためには、普段から “臨戦態勢でいるか” が物を言うんです」


清潔感をキープして常に臨戦態勢でいるためにはどんな対策を講じればよいのでしょうか。明確な解決策を教えてくれました。

トイアンナ 「“インナー類は消耗品” として割り切る覚悟を持ってください。最近はジャケットの下にTシャツを着る人が増えていますが、Tシャツはどうしてもヨレやすいので、早めに買い換えるようにしましょう。靴下や下着も含め、半年に1度、少なくても年に1度はリニュアールしてほしいと思います」

「清潔感を始めとする基本をきちんと押さえることで、ようやく恋愛対象として見られるようになります。基本もできていないと恋愛のフィールドから外されてしまい、スタートラインにも立てないということです。まずはここでお話するような基本を整えてください」


コーディネートの前に「サイズ」や「シェイプ」の重要性を体感してください。

清潔感のあるインナー類を揃えたら、次は何に気をつければ良いのでしょうか。トイアンナさんは、サイズ感やシルエットの重要性を説いてくれました。

トイアンナ 「コロナの影響で、人類という種族が全体的に太ったらしいんです。でも、服は総じて売れなくなっています。つまり、みんな体型に合わない服を着ているということです」

「太る前の服も無理をすれば着れるかもしれませんが、無理をするほどカッコ悪くなります。逆に “体型に合うサイズ” さえ選べばカッコ良く見えるんです。ダイエットするまで服を変えないんではなく、すぐにでもサイズをアップデートする覚悟も必要かと思います」

「ちなみにポロシャツは一般的に、体型のデメリットが出やすいアイテムだと思っています。ポロシャツのサイズはとくに慎重に選んでください。その意味でも、イチ押しはワイシャツです」


トイアンナ 「白いシャツは清潔感の象徴というイメージもあります。ジャストなサイズ感でシルエットの美しい無地のシャツを着こなし、自分の体がカッコ良く見えるように研究してみてください」

「サイズ感やシルエットは実際に試着しないとわからない部分もあります。オンラインショップを利用する場合、サイズが合わなかったら返品や交換して納得できるサイズを選ぶのがおすすめです」

〈TAKA-Q〉のECサイトでは、サイズ交換も可能なので、注意事項を確認した上でジャストなサイズを見つけてみてください。

トイアンナ 「“清潔感” を演出し “サイズ感” を今の体型に合わせる…ここまでの基本的な提案を実践するだけで印象はかなり変わります。それだけでモテ始めた事例もたくさん見てきました。ちなみに、スーツこそサイズ感が重要なので、ジャストフィットを選ぶだけでおしゃれに見えます」


個性は二の次。「シンプル」を極めると、いろいろ見えてきます!!

トイアンナ 「“シンプルな服装” を心掛けることも重要です。これもよく聞くアドバイスかもしれませんが、実行できる人が本当に少ないんです。相談者に “シンプルなシャツを買ってきてください” と宿題を出したら、2種類のチェック柄が切り替わったシャツを用意してきたことがあります。定番カラーだからOKだろうと思ったらしいんですが、シンプルとはほど遠いデザインでした。今はわかりやすく、“白の無地シャツ” と指定するようにしています」

「実は私自身、シンプルな無地の白シャツを着るのは辛くてしょうがないんです(笑)。初心者ほど、激烈なストライプが入っているものとか、ポケットのフチに柄が入っているデザインとかを選びたくなる気持ちもわかります。でも、いったんダマされたと思ってシンプルな無地の白シャツを着こなしてみてください。元初心者だからこそ強く推奨します」

「シンプルなシャツを徹底的に着こなすと、生地感やシェイプの価値がわかってくるはずです。シンプルなアイテムを比べることで気づくことも出てきます。価格以上のクオリティーなどがわかるようになってくるんです」


トイアンナ 「Tシャツをジャケットのインナーとして着る人が増えていますが、Tシャツもシンプルなタイプをジャストフィットで。厚手でしっかりしたタイプ、乳首が透けない生地を選びましょう。透けていると一気に肌着っぽくなってしまいます」

「スラックスやパンツもシンプルで、黒いスリムなタイプ。白いトップスと黒いパンツをシンプルに着こなすことを最初の目標にしてください。それさえできれば、新しい人生が回り始めます」

「フォーマルな服装になるほどルールがあり、失敗しづらくなります。反対に、カジュアルになればなるほど選択肢が広がるので、コーディネートするのが難しくなります。その意味でも、おしゃれの初心者ほどフォーマルに近いモノトーンのシンプルなビジネススタイルからマスターするのがおすすめです」

「実はハイブランドの店員さんも、モノトーンのシンプルな服装の人が多いんです。上質感のある服をきちんと着こなせば、シンプルでもおしゃれになるという証です。個性や独自性は、おしゃれの上級者になってから。シンプルなアイテムをシンプルに着こなせるようになるまでは何とか耐えてください」


ひとりよがりなこだわりより「相手との共通項」がポイントです。

清潔感、サイズ感、シェイプ、シンプルなアイテムとコーディネートをマスターするところまでが、モテるファッションの重要なベース。その先のポイントもトイアンナさんに伺いました。

トイアンナ 「シンプルな着こなしを人からホメられるようになった段階でようやく、シンプルを卒業し、自分らしい未来を探してほしいと思ってます」

「個性をプラスするとしても、次の段階ではシルエットをオーバーサイズ気味にするとか、その程度に。素材で少し変化をつけて、白いシャツだけど麻が入っている生地を選んだりするのは良いと思います。どうしても柄物のシャツが良いなら、定番的なストライプあたりがおすすめです」


トイアンナ 「新しいシャツを買うと、“この生地って実は…” と自慢したくなるかもしれません。いいシャツに限らず、高価な時計や上質なアイテムを手に入れると、そのウンチクを語りたくなるでしょう。でも、その話に女性はまったく興味ありません。中高年の男性が女性のコスメに興味が持てないのと一緒です。女性が使っていないもののウンチクを語るのは止めましょう」

「逆に、相手のフィールドで話ができる人はモテます。化粧水やフレグランスの話が鉄板ですが、ファッション系の小物で言えば “バッグ”。男女共通で必要なものですから。“おしゃれなビジネスバッグってホントないよね” “それ、わかる〜” という会話は女性の定型のひとつです」

「おしゃれでパソコンが入る女性用のバッグを探しておいて、 “この前ショップで自分のバッグを探してたら、レディスのビジネスバッグでおしゃれなのがあったよ” などとおすすめしてみてください。確実に話は盛り上がります。悩みを聞き出して、それを解決できるバッグがおすすめできたら、“もっと詳しく教えてほしい” という流れになって当然です。もしかしたら、“ショップで一緒に選んでくださいよ〜” という展開になるかもしれません」


  • カテゴリで絞り込む