ふくえらびtips vol.31

ふくえらびtips

31

2022.04.09

「ラック類」の活用がおすすめ。服選びやコーディネートがしやすい収納環境を整えよう

「ふくえらびtips」は、服選びやコーディネート作りにつながるヒントを専門家が解説する連載コラムです。
今回は、服を収納するのに便利な「ラック類」を紹介。
4月から新生活がスタートした人もそうでない人も、洋服の収納環境を見直すことで毎日のおしゃれがグッとラクになります!!

構成&テキスト:平 格彦(AllAbout「メンズファッション」ガイド/編集者/ライター)https://note.com/masahikotaira
  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • B!

シンプルで機能的なハンガーラック2タイプ

せっかくお気に入りの服を揃えても、何を持っているかきちんと把握できていないと活かすことはできません。
ワードローブのラインナップは意外と忘れがちですが、服が見える収納を活用すれば一目瞭然。
すべての服が見えなくても、その時期に使う服が見えるだけでコーディネートが組みやすくなります。
とくにコーディネートのレパートリーが定まるまでは、服を見ながらいろいろな組み合わせをイメージするのがおすすめです。
服が見える収納と言えば「ハンガーラック」です。
例えばこの「tower ハンガーラック」は、シンプルかつスリムで、置き場所を選ばないデザインが魅力。
数着しか掛けられませんが、コート類やシャツ、パンツなどの候補をいくつか並べてコーディネートを考えるのに適しています。

寝る前に次の日のコーディネートを決めてしまい、朝まで掛けておくという使い方もおすすめ。
忙しい朝にちょっとした余裕が生まれます。
下部の棚板に小物を置くことができ、バッグや帽子などを含めたコーディネート一式をセットできるのも便利です。


こちらの「tower ハンガーラック キャスター付」は、幅が少しワイドな設定になっています。
しかも上部のバーが2列になっているので、たくさんの服を掛けることができて機能的。
数日〜1週間分のコーディネートを一度に決めてしまい、まとめて掛けておくこともできます。

名前の通りキャスターが付属しているので、状況に合わせて移動するのも簡単です。
誰かが家に遊びに来る際は、邪魔にならない場所に隠しておくことも可能。
玄関先に移動して、一時的な来客用コートハンガーとして活用しても便利です。


用途に合った個性派ハンガーラック2タイプ

独特な個性があるハンガーラックも増えています。
例えば「drip Cart Hanger」は、下部に付属する大きなカゴが個性的。
バッグや巻き物なども難なく収納でき、外からもしっかり見えるので、小物類を含めたコーディネートを確認するのに重宝します。

特徴的なカゴはインダストリアルなテイスト。
ストッパー付きの大きなキャスターやシルバーの色味などもムードを高めているので、そんな系統のインテリアが好きな人にはイチ押しのハンガーラックです。


省スペースを追求している個性派が「tower スリムコートハンガー」。
壁に立て掛けることで支える仕組みです。
一度に掛けられる服は少なめですが、コーディネートのウェア類を掛けて確認することは可能。
その季節に使うアウター類を掛けておいて、出掛ける際に選ぶという使い方も便利です。

メインの素材はスチールですが、ハンガーを掛ける部分は天然木。
さり気なくアクセントの効いたデザインがハイセンスで、モダンなムードを演出してるのも大きな魅力です。


シューズ用のラックまでこだわれば万全!

下駄箱に収納したままになりがちな靴類は、シューズラックを使うとラインナップが確認しやすくなります。
ラックをプラスすることで収納できるシューズの数が増えるので、下駄箱に靴が収まりきらない人にもおすすめです。

「tower 天板付きシューズラック 6段」は、フックが付属しているのもポイント。
フックを追加することで、側面に靴ベラや傘を掛けることができます。
また、天板に鍵や財布などを置いておくこともできるので、玄関スペースの有効活用にもつながります。


そこまでたくさん靴を持っていない人は、スリッパ用のラックを活用するという手も。
室内ではなく「玄関の小ぶりなラック」として使うと、その時期に履くべき靴を並べることができます。

象徴的なアイテムが「tower 天板付きスリッパラック」です。
サンダルなどはスリッパと同じく立てて置いてもOKですが、他の靴は床も利用して並べるのがコツ。
1足を床とその上のバーを分けて置けば、4種類のシューズを横並びで比較することができ、その日のコーディネートに合う靴が選びやすくなります。

玄関にちょっとした棚があるだけで、鍵やフレグランスなどが置けるというメリットも。
ラックを活用しつつ工夫して、おしゃれがしやすい環境を整えてみてください。


  • カテゴリで絞り込む