ふくえらびtips vol.20

ふくえらびtips

20

2021.12.06

冬のビジネススタイルはコートが主役。とくに外せないタイプのコートとは?

「ふくえらびtips」は、服選びやコーディネート作りにつながる「tips(ティップス/コツ、ヒント、小技)」を専門家が紹介する連載コラム記事です。
今回は冬のビジネススタイルに欠かせない「コート」について。
着回しやすい定番タイプのなかから、とくおすすめのコートを紹介します!

構成&テキスト:平 格彦(AllAbout「メンズファッション」ガイド/編集者/ライター)https://note.com/masahikotaira
  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • B!

冬のビジネススタイルは「ステンカラーコート」から始めよう

冬のコーディネートは「コート」が主役。
外出時のコーディネートでは、目に見える部分の大半がコートになるからです。

また、ビジネススタイルでは個性よりも知性が重要。
良識があることを示すことが求められるため、コートのなかでも定番的なタイプを選ぶのがおすすめです。

つまり、ビジネススタイルで外せないのは「定番的なコート」。
その筆頭が、シンプルなデザインで着回しやすい「ステンカラーコート」です。

ステンカラーコートを選ぶ際のポイントはいろいろとありますが、厚手のコートほしい冬はとくに「上質感」で選ぶがイチ押し。
ビジネススタイルをクラスアップしましょう。

そんな目線で選ぶおすすめのアイテムは、「カシミヤ混ウール グレンチェック ステンカラーコート」。
合繊素材にはない優しいタッチやふんわりした風合いが魅力です。
さらに、格式あるグレンチェック柄がクラシックな風格を高めてくれます。


実はステンカラーコートは、ウールを使った生地を選ぶだけで、上質感や温かみがアップします。
ステンカラーコートのスタンダードな生地はコットン中心のギャバジンなので、そのソリッドな質感が毛羽感ある生地になるだけで印象が変わるのです。

たとえは「ツイード風ウール ステンカラーコート」も、起毛感のある生地が魅力。
イタリアの老舗ファブリックブランド『ラニフィーチョ ルイージ ザニエリ』のツイードライクな生地を使用しています。

超軽量ウールなので着心地は軽やか。
チクチクした感触がなく、なめらかな着用感です。
ヘリンボーンの大柄な表情もクラシックなムードを感じさせます。


「機能的」なステンカラーコートなら、冬の悪天候も怖くない

ビジネススタイルを格上げしてくれる上質感だけでなく、冬の悪天候や寒さから守ってくれる「機能」もコートの重要な役割。
そんな視点で選ぶのもひとつの手です。

たとえば「撥水加工 ステンカラーコート」は、伝統的な高機能生地であり、ステンカラーコートの定番生地でもあるギャバジンを使用しつつ撥水加工をプラス。
ちょっとした雨や雪なら気にせず着用できます。

生地感だけでなく、デザインもシルエットもスタンダードで、コーディネートやシーズンを問わず着回せるのも魅力。
冬場は温かいニットなどをインナーに組み込んで保温性を補完するようにしましょう。


さらなる機能性や保温性を求めるなら、「カノニコ/CANONICO ウール100% SUPER120S キルティングコート」が狙い目です。

厳密に言えばステンカラーコートではありませんが、キルティングジャケットやキルティングコートと呼ばれるアウターの多くはステンカラーコートに近いデザイン。
似たような着こなしが実践できます。
表面にキルティングが施されている分だけ少しカジュアルな印象ですが、ビジネススタイルの定番コートでもあるので、オンで着用しても問題ありません。

しかも「カノニコ/CANONICO ウール100% SUPER120S キルティングコート」は、イタリアの高級服地ブランド『カノニコ』の繊細な生地を使用。
上質感がにじみ出ていて、印象をクラスアップしてくれます。

中綿入りで保温性は抜群。
さらに、防風透湿素材「VANKS(バンクス)」を裏面に貼り付けているため、蒸れを抑えながら冷気の侵入を防いでくれます。
真冬用として保温性を重視するなら、最適なビジネスコートです。


ステンカラーコートの「着回し」でビジネススタイルをもっと自在に!!

すでに解説した通り、シンプルなデザインで着回しやすいのがステンカラーコートの大きな魅力です。
そこで最後に、ステンカラーコートを使ったビジネスコーデの好例を紹介します。

まずは「スーツ」にステンカラーコートを重ねた好例から。
コートもスーツもダークトーンでまとめつつ、ネクタイのレジメンタルストライプを差し柄として効かせているのがポイントです。
さらに、カシミヤ製のマフラーを首から垂らしてエレガントなアクセントをプラスしています。

ステンカラーコートがミニマルだからこそ、ある程度の個性をプラスしてもうるさい印象にはなりません。
自分らしさを演出しつつ着こなしてみてください。


ステンカラーコートはシンプルなので、カジュアルなコーディネートにも使用可能。
つまり「ビジネスカジュアル」にも最適です。
イチ押しは、インナーにタートルネックニットを合わせる着こなし。
こなれた雰囲気のウォームビズすぐに完成します。

このお手本は、クリーンで上品なホワイトのタートルネックニットをセレクト。
コートがネイビー、パンツがブルーということで、コーディネート全体が白×青系のカラーリングでまとまっています。
そのため、爽やかで清潔感のあるイメージです。

ニットはカラバリが豊富なので、ニットの色選びで個性を演出することもできます。
冬のビジネスカジュアルで何を着るか迷ったら、とりあえずステンカラーコートにタートルネックニットを合わせればOKです!


  • カテゴリで絞り込む