セットアップ

ふくえらびtips

02

2021.06.01

とりあえず必要なのは、オンオフ使える「セットアップ」

「服選びtips」は、専門家がコーディネート作りにつながる「tips(ティップス/コツ、ヒント、小技)」を紹介する連載記事です。今回は、オンからオフまで使える少しカジュアルな「セットアップ」について。ビジネススーツとの違いから選び方まで簡潔に解説しますので、セットアップを存分に活用しましょう!!

構成&テキスト:平 格彦(AllAbout「メンズファッション」ガイド/編集者/ライター)https://note.com/masahikotaira
  • twitter
  • facebook
  • LINE
  • B!

簡単におしゃれなコーディネートが築けるセットアップが人気

「セットアップ」の人気が続いています。その理由は、おしゃれなコーディネートがすぐに作れるから。とくに、オンオフ兼用で使えるタイプが人気です。リモートワーク中心でオフィスに行く機会が少ない状況でも、プライベートでも使えるセットアップなら、宝の持ち腐れになることはありません。

そもそも「セットアップ」とは、「上下が揃っている服」といった意味の和製英語です。上下がセットになっているため、メインの服は確定。インナーと靴を選び、小物を足す程度でおしゃれなコーディネートがすぐさま完成します。

上下がセットだからこそ、スーツにような大人っぽさが演出でき、上品なコーディネートが作りやすいのもポイント。ジャストサイズを選んでシンプルなインナーと革靴を合わせれば、品位あるビジネスカジュアルがすぐに築けます。


少しルーズなサイズ感のセットアップを選び、同じようなシルエットのインナーやスニーカーを合わせれば、リラックス感のあるカジュアルスタイルもアッという間に出来上がり。

上下の統一感によって落ち着いたムードが確保できるからこそ、自分らしくアレンジがしやすいのもセットアップの大きな魅力です。


セットアップとビジネススーツの違いは「自由度」

セットアップとビジネススーツの違いは何でしょうか。セットアップは上下が揃っているアイテム全般を指すので、実はビジネススーツもセットアップの一種に含まれます。意味する範囲が広いこともあってセットアップは自由度が高いのですが、それとは反対にビジネススーツは細かいルールが決まっています。

例ばビジネススーツは、ジャストサイズで着用し、ジャケットとスラックスをセットで着るのが大前提。だからこそ、セットで着た際のバランスを細かく計算しています。わかりやすいポイントがジャケットの丈感で、お尻の全体〜半分くらい隠れる長さがビジネススーツの基本です。


一方、セットアップのジャケットは、単体でも着こなしやすいように丈がやや短め。お尻の半分が隠れるかどうかの丈感が基本で、どんなパンツを合わせてもスタイリッシュにまとまるように配慮しています。

上下セットで着るだけでなく、ジャケットとパンツをバラバラで着ることができるという点でもセットアップの自由度は抜群なのです。


目指すテイストに合わせてシルエットを選ぶのがおすすめ

セットアップを選ぶ際は、着用するシーンや目指すテイストをイメージするようにしましょう。冒頭でも説明した通り、メインで使うのがオンかオフかで最適なシルエットが少し変わってくるからです。

ジャストなサイズ感のセットアップを選び、シャツや革靴を合わせれば、こなれたビジネススタイルが即座に完成。足元をスニーカーにするなどのアレンジで適度に着崩して、ビジネスカジュアルを築くのも簡単です。


少しルーズなシルエットや大きめのサイズを選び、パーカーやTシャツなどを合わせれば、落ち着きのある大人っぽいカジュアルスタイルが完成。適度にスリムなシルエットを選べば、スタイリッシュなカジュアルスタイルを構築することもできます。

何を選んで良いかわからない場合は、今回ピックアップしたコーディネートからセレクトしてみてはいかがでしょうか。セットアップのシルエットに着目すると、絞り込みやすいはずです。

  • カテゴリで絞り込む